EventListIndex
イベント見てある記
アームレスリング

 いつもながら、手近な所の話題しか提供できないこのホームページの管理人(私)は、またしても狭い行動範囲を知らしめるべく所からレポートをお届けします。(^_^;)

アームレスリング “アームレスリング”つまりは“腕相撲”。初めて観る“生”の試合を前にあまり期待をせずに会場に潜入。休憩中だったので店内のラーメン屋でチョット遅い昼食。隣の席に“・・・会”などど書かれたTシャツのお兄さん達が無言のまま黙々と腹ごしらえ中。周りを見渡すとまた別の名前の“XX会”の名前が見えた。

 チラッと見ると鍛えられた腕・・・むむむ!選手らしい。いろんな団体(会)があるんだ。。。ナ(´。`) 

 ちょうどラーメンを食べ終えた頃にアナウンスがあり、リング(写真のようにちゃんとしたリングが設置されていた)の周りに人々が集まり始めた。私もその人達の後ろに突っ立った。アームレスリング 選手がリングに上り軽く握手をしたかと思うと、審判の合図で互いの手を組合い審判が手の位置を確認してるのか、暫く時間が経つ間に両者に緊張が高まり、それにつられて観客(私)も興奮してくる。それから良いタイミングで審判の掛け声で試合開始。

 パッと緊張の糸が切れるように一瞬で決着する場合と、もつれ合い暫く緊張が続く場合とがあり魅せられてしまった。勝負が着くとまた握手を交わして互いに相手を讃え合うような様子。中には勝った相手に“ありがとうございました。”と言葉をかけている選手もいた。実に爽やかなところもおみごと!。“腕相撲”の試合がこんなに楽しめるモノとは思ってもみなかった。 おかげで暫く前に空席になった椅子に腰掛けて次の休憩に入るまで魅入ってしまった。(^^)

 この大会は「日本アームレスリング連盟」によると「第1回西日本オープンアームレスリング選手権大会in四国」だったようだ。

Reported by Hikaru July/20/2003

EventListIndex