費用…つぶやき

施設と維持費
 この所、私達の住む田舎町にも数年前から工事を続けていた公共施設等がいくつか出 来上がってきている。このまま次々に出来ると町が栄えて・・・設備も整って、という 構図から成り立っているのでしょうが、これからの維持費は何処から捻出されるのだろ うか、とふと思う。収益の出るイベントなど積極的にやっていっても、それ自体では維 持費を賄いきれないのではないだろうかと。  ニュースでは、大都会で税収が伸び悩み大きな施設の維持が保てないという事態が発 生しているらしい。

改葬
 先日、東京に住む人から我が家に一本の電話がかかってきた。数十年も前から、私ど もが代行(?)して、花を供えたり掃除などしているその家族の先祖のお墓が、私の住 む地区にあるのだけど。それを東京に移したいという内容であった。  早速、寺の住職に連絡し相談にのってもらえるように依頼した。住職も快く承諾して 関係する業者等も紹介していただけるという。その他役場に連絡し手続き(改葬許可証 なるものが必要なのだそうな)等を聞き担当部署他、墓地管理委員など連絡先を調べ東 京の人に知らせておいた。

 数日して、「かかる費用について見積もりが出ました。」と東京の人から連絡が入っ た。業者とほぼ同額を住職にも支払いを求める電話が本人からあったという。・・・話 をしているうちに墓石の私共で数十年も前から伝えられている墓石の数と場所がどうも おかしい事に気づき東京の人に伝えた。・・・業者や住職が判らなければ私共や墓地管 理委員等に確認してもらう様に最初の段階で伝えておいたのだが。・・・

 私も気になって、関係する寺や墓地管理委員の家を数回訪問したが、いずれも留守で あった。

 数日後、東京から連絡が入った。 こんどは、「住職と業者が現地へ行って確認しました」と書いた見積もり書で、以前の 約倍額の見積書がFAXされて来たと言う。そして、「業者か住職から確認(墓石場所) が有りましたか?」と聞かれた。・・・「私共には問い合わせなどなにも有りません。 」。・・・東京の人は、住職から「返事を急いでほしい」とせかされていると言う。

 私は、どうも変に思っていた。たまたま地区の「墓掃除の日」が有ったので、墓地管 理委員の人に会いに行った。ところが、そこにも業者からも、住職からも「東京の人の 墓地の位置」の確認等なんの連絡もない…という。そこで、その管理委員長の持ってい る墓地の見取り図で、私と委員長で現地へ行って確認することとなった。

 その見取り図ではやはり私共が数十年前から引き継いできた墓地の位置と同じであっ た。事前に東京の人から、業者が提出している、住職と業者が現地で確認した墓地の見 取り図(墓石の数等を記したもの)を私が受け取っていたので、比べてみるとやはり多 い。  管理委員長の持っている見取り図には、その多い部分に他の人の名前が書いてあった ので確認するとその墓地(墓石)の管理をしている人を教えてくれた。早速その家に確 認に行ったところ、そこの奥さんも「おばあさんから受け継いでいて、何処何処の先祖 の墓」と言うことが判明した。

 話がこじれるのを懸念して、控えていた私は業者に連絡をいれた。

「すぐやって来た。」(^^; 「どうして確認しなかったのだ」と聞くと、「後で確認しようと思った。」と言う。 「住職がここだ。と言うので信じていた。」とも言っていた。 今回で3度目の「見積もり」を東京の人に送るように依頼し、業者は「はい」といって 帰って行った。

(私は、今度の見積もりで金額がどう変わるか興味があった。最初から葬ってある数は 判明していたのだから。。。)

 翌日、東京から連絡が入った。3度目の「見積もり」は送ってこないという。東京の 人は、今回のあまりにもいいかげんな見積もりに不信感を持ち、予定していた改葬は、 予定を変更して最近の一つだけを東京へ移すこととしたそうだ。

この作業については、業者は無料で行うという。

あの見積もりは何だったのだろう。(1度目70数万円、2度目140数万円、3度目不明) 因みに、墓石1つについて、双方に約十万ずつの費用が必要なのだそうだ。


戻る