?お金集めの業界
銀行も保険会社も。。。

保険

世間を騒がせている(わ)県の保険金詐欺容疑の事件記事は、ついつい見てしまう。今日現在、特に進展は無いようだけど。疑惑の内容をテレビやインターネットを通じて見ていると、保険業界ってどうなっているのだと思ってしまう。

今は亡き私の父親は、15年ほど前に追突事故に遭い入院していたが、当初、医療費さえももらえなかった。半年くらい保険会社や加害者の雇用先などを訪問し、弁護士を立てて裁判所で約3年ほど話し合いをしたが、それでも要求額の半分程度しかもらえなかったと記憶している。その数年後、「食道ガン」だとか診断されて手術後の経過が悪く父親は他界した。

私自身も信号待ちしていて追突され、これまた医療費とか休業補償など裁判所で3年くらい話し合いしたがこれもまた、通院費などかかった費用さえも十分にもらえない程度だった。

相手方と交渉中に知った事なのですが、いわゆる「自覚症状」の病状なので医者の「診断書」が貰えないので、保険会社も保険金を出さないらしい。また、追突事故の様な一方的に加害者側に過失がある場合、被害者側の保険会社は相手側との交渉等に動かないのが通例とか・・・ただの怠慢かも知れませんが。。。

ところが、(わ)の事件では簡単に保険金が貰えてる。しかも、「自覚症状」的な内容と思われるのである。容疑者が「診断書」に手を加えたとか一部で報道されているようだけれど、「診断書」は、医師と保険会社の間でやりとりされるのが通例では無いのだろうか?

銀行

銀行というところはあまり好きなところではないし、あまり縁もないところです。が、ある日、銀行員の方(会ったこともない)が、預金者の金の動きを把握していて入金とかあるとニコニコしながら我が家にやってきたことがある。それも金額までしっかり書いて・・・うーなんか気持ち悪い。。。私の代わりに通帳を管理してくれてるんですね、この銀行の人。その後何度か来たので・・・「もう来ないで欲しい」と丁重にお願いをしたら来なくなりましたが。。。現在もそうだけど、銀行からお金を借りる時は仲良くしていても関係ないようだから

たしか銀行員の方々は、一般的に民間企業より高い給料を得てきているはず。現在、金融危機に陥ってもその企業の内部の方々は国から資金をもらって安定した給料を支払い、また、もらっているのはどう言うことなのだろう。

・・・こんな再建策どうでしょう。
銀行金融業界内の、役員、従業員から寄付金を強制的に集めれば再建できるのではないかと思えます。おそらく高給取りの方々ですから蓄財も桁外れに多くあり、そのほんの一部を寄付すれば資金も潤沢になります。(^^;


戻る