地方でIT
つぶやき

IT講習
 IT講習推進特例交付金という名目で545億円(全国)の予算をくんで、先頃から無料のパソコン講習会が開催されている。12時間程度が1人1コース(予想される経費は、1万円程度)になっていて、地方の担当者は、予定の人数を消化することに懸命になっているようだ。無料だから(?)かどうか判明しないけれども2300人程度の募集に対し1万人を越える応募があったとか。うーんそんなにまだパソコンが普及していないのだろうか。それとも、持っていても使えないからだろうか。どちらか判断しかねるけれど、地方ではこんなものなんでしょうね。

 ところで、地方でも郡部になると、現在全国で普及し始めているインターネットの高速回線や定額料での利用が出来ないのはくやしいーな。xx市を一歩でも離れて郡や村になると対応してくれません。(ーー;) 地方の地方の方が必要性はあると思うんですけど。こういうものは。

下水、上水道工事
 今年になって、下水道の工事を始めたと思ったら、上水道も配管のルートを変更する工事をするらしい。
 家の敷地内も、あちらこちら掘りかえす状況になりそうだ。これも公共事業で、景気を回復させようという一環なのだろうか?


戻る