地震は恐怖
災害時に通信網が使えない

 3月24日発生した地震により、一時電話回線(携帯ももちろんインターネットも)が使えない状態に陥った。集中して特定の相手に通信しようとした為に繋がらない状態が発生したのだろう。そちらの方はあまり知識がないのではっきりとは解らないけれどそんな風に思う。2件ほどFAXを送ってみたけれどこれはすぐに送信されていたようだ。地震から3日目県外から心配してくれた方からの電話が通じた。
 自然災害時には人間は無力だった。されるがままにただ収まりを待つしかない。ただ建物の外へ出るのが精一杯。今回初めて、規模の大きい地震を体験して改めてそう感じた。その後の小さな揺れの余震も恐怖を感じる日を過ごしている。

【被害状況】
 私ども自宅では、幾つかの陶器や植木鉢などが落ちて割れたり、TVがひっくり返ってビデオカメラを押しつぶしたり、本棚の上にに置いてあった物が落ちたりと比較的被害は少なかった。

「賃貸マンション…鉄筋コンクリート造5階」は多くの壁など亀裂が入り一部壁のタイルが剥げ落ちたりしている。生活に必要な水、ガス、電気系統には影響は無かった。ただ、エレベーターは停止したが、メンテの会社に連絡が取れその日の内に復旧できた。警備会社のコントロールボックスではこれを感知していたが、現場に来た形跡も無く今日現在までに連絡も無い。私の方からリセットした旨をFAXしておいた程度。ある入居者からの話では階の上のほうが揺れが大きく室内の片付けに手間取っているという。

「貸しビル…鉄骨造」は、建物の鉄骨が少し捩れたのか壁と天井の間などに1〜2cm程度の隙間が出来たり、柱部分の天井のジプトンが破損したりとそれなりの被害を受けた。昨日、建築会社と現場を確認しながら修繕方法などを検討していただく様に依頼した。今度こそはキチンとやってくれるだろうかこの建築会社。少し心配の種となってます。

上記の関係者の中では1人だけスーパーで買い物をしていた時に割れ物が足に当たり怪我をされた方がいるだけで、その他では人に被害は無いようだ。ところで、地震保険1件のみ入っているけれど、どの程度の金額が受け取れるのか、あまり期待してないけどちょっと気になる。


戻る