おたがいさま
・・・の意味

 先日、私の管理する予備の駐車場として確保している土地に・・・「無断駐車1万円」の看板を立てている。・・・、ガス業者がトラックを無断で乗り入れ、隣接するアパートのガスボンベ(この地区では、都市ガスでなくてプロパンボンベ)を交換しているところをタマタマ見かけたので「無断で乗り入れては困る、隣のアパートの土地に車を入れて作業をしたらいいじゃないか」と注意したら、「そんなこといいじゃないか・・・」というような事を言う。素直に「すみません。」と言わない・・・こんな人が以外に多い。

 以前から隣接するアパートの住人が無断で駐車場として車を乗り入れているのを何度か確認していた。(その他にも・・・何度か無断で駐車している車に、当方に連絡してくるように「張り紙」をしておいた事もあるがほとんど連絡してこない、連絡してきた事が一度有ったが名前を聞くとすぐに電話を切ってしまった。)・・・そんな経過があったので、そのアパートのオーナーへ電話を入れた。留守だったので用件を伝言し、連絡をしてもらう様にその家族に伝言しておいた。が、なかなか連絡してこないので再度電話すると、そのオーナーは、面倒くさそうな口ぶりで電話に出てきて

    オーナー「お宅に言われて頭にきてる。」

    私「オーナーのアパートの住人及び関係業者の方に隣の土地に無断で駐車しないように通達しておいてほしい。」

    オーナー「そんなのおたがいさまじゃないか!」「そんな事言うなら土地に柵をして誰も入れないようにしろ」

    私「では、お宅の駐車場が空いていれば、私の方の車を無断で駐車させても良いということですね。」

    オーナー「それは困る!」

    私「そうですか・・・」
そんなやり取りがあって最後にはオーナーも観念したらしく「通達しておく」という返事が返ってきた。

このオーナーの他の肩書きは「超議怪議員」…偽長らしい。

このアパートは、地域的に必要不可欠な駐車場を十分確保しないで、
  • 建設会社は、より大きい建物を建てて利益をあげるために。
  • オーナーは、部屋数を確保し収入をあげる為に。
  • 建設を斡旋した組織は、建設後のガス供給量を増やし利益をあげる為に。

    この三者の利益が合致した姿ではないだろうか?。前述のガス業者の責任者を呼んでそんな話をして、「無断駐車1万円」又は、予備の駐車場の「草刈作業」を提案したらしぶしぶ(?)「草刈作業」を受諾し、先日その約束を果たしていただいた。

    オーナーさんのアパートの前の歩道、しばしば車が歩道に乗り上げ駐車しているので、通行しにくいと言う近所の住人の声もありますよ!
    *人の事ばかり言ってると、そのうち私にしっぺ返しがあるかもしれんな(^^; ほどほどにしておかないと・・・
  • 戻る