それぞれの立場
立場変ればどうかな?

【犬の糞】
 近年近隣の住宅地で、ペットとして犬を飼う家庭が結構多い事を知ったのは、舗装をしていない駐車場の草取りをしていての事。昨年あたり、やけに犬の糞が多くなった。ある日の夕方草取りをしていると、犬を連れて散歩をしている人が何人も通りすぎる。何人かは駐車場の敷地内を散歩させて行く。
 その内の何人かに思いきって、「すみません、この敷地内に犬を入れないでもらえませんか? 犬の糞が最近多いんで。。。」
 こう云うと、いやーな表情に変って「私は、糞は持ちかえってます。」という。中には、「こういう自然のところで犬を歩かせたいんです。」やら、「私じゃありません。監視カメラでも付けて監視すればいいでしょう!」という人もいた。
 そんな機会が数回あった後、犬の糞はその駐車場の敷地内から殆ど見なくなった。野良犬の仕業だったかもしれないなー。
・・・はて・・・?(゜-゜)?
※先日、小さな看板を作りかえる際に「敷地内、犬の散歩お断り」の1文を追加した。

【水道料金】
 私の住む地域では、1戸建て住宅と集合住宅(マンションなど)では、水道料金の差が生じる仕組みになっている。この水道事業、町の水道課が運営管理している。水道管の口径によって基本料金、追加料金が異なっており、集合住宅の場合、高架水槽(屋上など)へ上げる水圧が必要として、敷地内に引き込む水道管の口径が大きくなっている。料金はこの口径が大きいほど割高に設定されている。

 町は集合住宅の場合、各戸にメーターが設置されていても検針しないで、敷地内の引き込み口のメーター1箇所を検針し、全体の量で料金を一括して請求、徴収する。それを戸別のメーターを検針して割り振るのは、集合住宅の管理者(経営側)の仕事になっている。
 しかし、この近くの同じ町内にある県営住宅(集合住宅)では戸別の検針を町で行なっており料金も1戸建ての料金制になっている。という情報を得た。
 かくして、町役場に確認しに行った。応待してくれたのは小・中の同級生。何度も町役場に苦情など持って行ってものだから、その同級生も今度は俺の所か?と言う表情。^^;

 確認すると、同じ町内の県営住宅では前述の通りになっているらしい。
私は「同じ町の住人に対して、町は同じ条件で水を供給する必要があるのじゃないか」と詰寄ってみた。要するに、一般(民間)の集合住宅も各戸にメーターを設置していればそれぞれ検針して、1戸建てと同じ料金にしてほしい。と。
 かつての同級生も応えに困っていたようだった。「隣接の市では、もっと高い。」など町の水道事業は適切に行なわれていると主張しているようだった。
 結局何の進展もなく帰るしかなかった。

 2001年春、水道料金が大幅に値上げされた。現状でみるとほぼ倍額となっている。・・・私共が管理している集合住宅は水道料金を据え置き(2002年6月末時点)のままとしている。現状でどの程度になるかと思って様子見だったが、いずれ値上げしないと負担が大きすぎるぞなもし。(ーー;)・・・

 数年後には使用した水道料を基準にした下水道料金(現在料金未定)が加わる予定となっており住民の負担は上がる一方通行。苦情も一方通行。^_^;
戻る